これから絶対に需要がある看護師の注目アルバイトはこれ!

看護師のアルバイトはたくさんあります。ちまたの求人広告や転職サイトも常に求人がありますので、売り手市場です。ですが看護師としての臨床経験が少なかったり、出産等で仕事を辞めてしまいブランクを重ねている看護師にとっては、どんなアルバイトでもヨシというわけにはいかず『医療カラーが強い仕事』であればあるほど、迷いや不安を感じるのが一般的です。

アルバイトの場合、依頼主が慢性的に人手がなく募集をかけているケースがあるので、その中で仕事も勤務形態も上手くマッチングすれば、慣れたところで継続的にアルバイトができるケースもあります。
単発ワークとして、勤務地も仕事内容もその都度違う場合もあります。

やってみたい看護師のアルバイトとして注目しているのが「イベント待機ナース」です。
n3
例えば各地で開催されるマラソン大会、大きな娯楽施設などでは、急病やケガ人が出たときに医療処置や救急対応の要請(判断)をするための看護師が待機しています。

この仕事は会場の規模などにもよりますので、1名~複数名の看護師で対応することになります。

小さなイベント会場に自分一人ですと臨床経験が少ない方は不安も大きいかもしれません。
勤務時間に複数名の看護師がいるアルバイトであれば、状況判断にもサポートしてもらえますので心強いです。

このイベント待機看護師は、間違いなく東京オリンピックでも選手村、各会場ごとに設置されるはずです。
この仕事をやってみたいと関心を持つ理由は、東京オリンピックという大きな、普通は経験できない環境でできる仕事である点、また、この場合は複数名の看護師で対応となると思われ、看護師経験が浅い人でも心強いからです。

ブランクのある方も、この仕事の場合、想定される状況がある程度推測されますので(例:熱中症、心筋梗塞、打撲・骨折などの整形領域)基本知識や処置をマスターして、あとは周りのスタッフと協力しながら行うとよいでしょう。

『いざという状況の時にのみ』お仕事となるため(あとは待機)、忙しさはその日次第となります。

看護師のアルバイトとしては、この一大イベントのアルバイトは、派遣業界での募集になると推測されますで高単価、貴重な環境の中での看護師ワークの実績にもなります。特に「英語が得意な」看護師はニーズも高いので是非お勧めします。